So-net無料ブログ作成
検索選択

城跡から見下ろせば ♪♪♪~ [ドライヴ]

今年は満足行く紅葉を見ていない

 

 津和野城址の紅葉がきれいだったと・・・・・・

 

   風の便りに聞いて、ふら・・・・と出かけてみた

 

 

 でもね・・・・・・・・話を聞いてから、風雨の強い日が続いて、

 

 

 希望の灯が・・・・・・・・・・消えかけたような気がせんでもない

 

 

 

 午後のあいた日・・・・・

 

 

 

 きっと西の光が周りの山のオレンジ色も際立たせてくれるような時間ではないか・・・・・・と

 

 

 

 北上・・・・・・・・・

 

 

 リフトへの上がり口探して・・・うろうろ

 

 

 太鼓谷稲成様への坂道の途中にリフト(往復¥450-)のりばはあります

 

 

 結構な急な斜面をゆらゆらあがって

 

 PB263311.JPG

 

 城跡まで10分ほどの小道をたどります

 

 

 

 落ち葉がカサコソ

 

 PB263314.JPG

 PB263313 ヤブコウジ.JPG

 足元のヤブコウジ(一両)の赤い実が かわいい![揺れるハート]

 途中にはこんな看板もあります

 

 PB263319.JPG

 

 夏の豪雨で城跡の一部分が崩れてしまったのがとても残念

 PB263321.JPG

 

 

 それにしても驚いたのが・・・・・

 

 

 

 そこにある楓の樹の多さ

 PB263352.JPG

 

 

 色々な高さに築かれた石垣のおかげで色んな角度から楽しめます

 PB263324.JPG

 見上げたり

PB263354.JPG

 

PB263355.JPG

みおろしたり

 

 

 

 少し前なら色の重なりが見事だったんだろうなあ

 

 

 城跡って、桜が多かったりするけれどここはケヤキとカエデ

 手前の白く葉の無い木々も・・・・多分カエデPB263341.JPG

 

 

 

 

 ピークはやっぱり過ぎていますが、

多分風雨の前は見事だったんではないかと思わずにいられませんでした

 PB263320.JPG

 

 

 城郭の上から向かいの山々を眺めると

 青野山の上のほうはもう散ってしまってますね

PB263338.JPG

 

 

 山々のオレンジ色が夕日の加減でとてもきれいです

 PB263349.JPG

 

 

 

津和野の町を見下ろす・・・・・・・

 PB263343.JPG

 さだまさしさんの歌『案山子』の景色・・・・なのだとか

PB263336.JPG

PB263357.JPG雷でも走ったのかしらね???

 

 

 

 さて・・・肌寒くなってきたので撤収

 

 正面に青野山を望みながら、またゆらゆらとおります

 PB263360.JPG

 

 

 

 

 帰り道はK13から・・・・・・・R315に抜けましょう

 

 こちらは夏の豪雨の被害が大きかった地域です

 

 

 自然災害のものすごさを、改めてみてきました

 PB263362.JPG

 

 ボッキリと折れた ガードレール

 

 PB263361.JPG

 産廃専用トラックが積載しているのは、流出物や被災された家々から出たいろいろでしょうか?

 まだまだ復旧というより、片付けさえままなら無いところもあるみたい

幹線道路は何とか復旧していますが、氾濫した河川

PB263368.JPG

 PB263365.JPG

PB263366.JPG

 山口線も手付かずです

 

 徳佐あたりは、線路が撤去されていましたが、こちらはこれからのようです

 

 

 

 流された農業用地・・・・・・・・一端でも農業にかかわる者として・・・・・

 見るだけでもつらい

 

 

 土砂崩れの犠牲となった家々

 

 

 個人の力ではどうしようもない すさまじさを思います

 

 

 祈らずにはいられない

 

 

 観光地になっている津和野の中心部はさしたることもなかったようです

 

 私達に出来るのは 訪れる事で賑わいを運び、人に伝えることかなあ????

 

 なんて思いながら、帰ってきたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(20)  コメント(8) 

爪あと [ドライヴ]

山口北部地域から津和野にかけての7月の集中豪雨被害から約4ヶ月

 

 芸北に向かうツーリングの際に見慣れた風景の様変わりに唖然とした

 

 自然災害の爪あとは急には復旧できないし・・・・まだまだ作業が続くだろう

 

 

 

 季節は巡って・・・・・

 子供たちと秋の恒例行事にしているりんご狩り

 

 

 伺うリンゴ園は被害のあった山口線の鉄橋から割りに近いのだけれど、

  山に近いのが幸いして無事

 

 

 しかし、川に近いりんご園は根こそぎ流されたものがあったり、浸かって樹がだめになったり

 いつもは赤い実がぶら下がった景色を眺めつつ、うきうきと向かっていたけれど

 

 写真に収めるのもはばかられる気がして悲しかった

 

 

 どれほどの水が出たのだろう

 

 

 リンゴ園に向かいながら、川沿いを走ってみた

 

 

 山もそろそろ色づいて美しくなる季節

 PB133183.JPG

 

 このコーナーはこんなに先は見えなかったよね! 樹があったから

 PB133184.JPG

 

 コーナーの景色をさえぎるように立っていた樹はなぎ倒されたり流れたり・・・・・ 

                                         したんだろうな・・・・

 PB133185.JPG

 

 

 倒れることを免れた樹にはたくさんの流出物が引っかかったまま・・・・・・・

 PB133186.JPG

 

 

 

 この道は完全に流れの中にあったようですね

 

 

 だって・・・・・・・漂着物・・・ジムニーより高いとこにあるもの

 

 PB133187.JPG

 

 

 せめて・・・・・りんごをいっぱい買って帰りましょう

PB133188.JPG


nice!(14)  コメント(9) 

一人旅 [お出かけ]

何年ぶりだろう

 

 自分のためだけの公的機関を使ってのお出かけ

 

 

 ここのところ会っていない妹にあうことと、出かけたいコンサートがあって

 

 

 ここ10年・・仕事がらみで秋には1度東京を訪れていたけれど

 

 

 今年はその予定は無く、上京は無いかな・・・・・と思っていたら

 

 

 

 よくお邪魔するblog MUSETTE  

     ・・・・・・・・・・・にコンサートのご案内

 

     これは聴いてみたいぞ~~~~~と連休を利用しての一人旅と相成りました

 

 

 しかし・・・・・出発の日の朝は小雨

 

 PB033146.JPG

 

 まあ・・・・・・・関東は晴の案内になっていたから、きっと大丈夫でしょう

 

 

 富士山は見えるかなあ・・・・・淡い期待

 

 

 うつらうつらとしているうちに東海にさしかかり・・・・・・・

 

 

 あれに見えるは富士山

 PB033150.JPG

 

 傘かぶってますよ

 

 

 傘雲だ!

 

 

 初めて出会いました

 PB033150 傘雲 トリミング.JPG

 

 

 あの雲があるってことは・・・・・・雨がやってくるってこと?

 

 

 めずらしい雲が見られました

 

 

 

 さてさて・・・・・・早めについたので、まずはサッチャンに頼まれたお使いをすませ、

 

 

 ひとまずはホテルにチェックインして一休み・・・・今回は新宿泊

 

 

 ホールまでの乗り換えも聞いてみる

 

 

 しかし、大学付属の小さなホール・・・・・知ってる人も少ない

 

 

 ひとまず西早稲田までたどり着いてから考えよう

 

 

 地下鉄を乗り継いで・・・・・西早稲田に到着

 しかし、こちらに比べ関東は日暮れが早い

 既に薄暗い感じなので、気はあせります

 

 

 しかし・・・・・・・出口を誤まり、かなり遠い場所に出てしまった

 

 

 しばらく歩き回ってはみたけれど、コンサートの時間は迫るしここはタクシーの頼るしかない

 

 

 地図を見せて近くまで連れてってもらう

 

 

 

 大学の敷地内だから・・・・・見えないし・・・・・案内ないし・・・・・・

 

 

 

 近くにいた大学生らしきお嬢さん捕まえて・・・きいてみる

 

 

 

 何とか開演前にたどり着くことができました。

 

 PB033152.JPG

 

 早稲田大学の中にあるスコットホールです

 お3方によるジョイントコンサートでした

 

 礼拝堂なので、十字架も架かってます

 

 

 ピアノはベヒシュタイン・・・・ドイツの古いピアノメーカーのものです

 

 ホールに入っているピアノはスタインウェイ社のものが多い中・・・・興味深いですね

 

 私の聴いたことのある(そんなに沢山じゃないけど)ベヒシュタインはどちらかといえば品のいい貴婦人を髣髴とさせる音色を持ったものでした

 

 ベーゼンドルファー の印象に近かったんですけどね・・・・・

 

 

 全く印象が変わる音を抱えたピアノでした

 

 

 もちろん、技術者の音造り・手の入れ方によっても全く変わってはくるものですが、

 

 

 本体の持つ力強さがなんとも男性的な音を聴かせてくれました

 

 ピアノやパイプオルガンのような大きな楽器は、自分のものを簡単に持ち歩くことも出来ないし・・・・・奏者は色んな楽器との出会いを余儀なくされますよね

 その上、他の楽器の多くは直接的に音にかかわる動作のもの(直接 弾く・・・とか・・・吹く・・とか・・・たたく・・・とか)なのですが、これらと異なるのは音を出すための機構が間に介在し、機能的な動きも含めて音を構成する要素になっていくって事かな?

  

 

 

 このピアノと会話されるのに、演奏家の方々はどんな印象を持たれたのでしょう。

PB033154.JPG

 木造に漆喰のつくりが落ち着く空間でした

 

 

 思わずglennmieさんともお話でき、とても幸せな気分で過ごした夜

 

 

 

 翌朝は新宿をちょっとお散歩

 PB043157.JPG

  新宿コクーン 面白い形ですネエ

 

 PB043160.JPG

 ビルにビルが映りこむ景色なんて、田舎じゃ見られないもんね~~~

 

 

 

 東郷青児美術館もあることだし、 行ってみましょう

 PB043159.JPG

   中央の損保ジャパンビルの42Fにあります

  ずいぶん高いところにある美術館!

 

 ちょうどこれやってました

 PB043162.JPG

 先ほどのコクーンビルを見下ろす高さ

 PB043166.JPG

 あんなところお掃除してます

  PB043163.JPG

 

 PB043167.JPG

 

 高いところからの眺めを楽しんだ後は

 

 ゆっくりと美術鑑賞

 

 印象派前後の時代はフランスの作家を取り上げることが多いけれど

 

 イタリアの同じ時代を生きた人たちの作品・・・・・双方の影響が興味深い

 

 

  さて午後は・・・・・

 

 

 町田で妹と待ち合わせ!

 

 本当に久しぶりだったので、昼から中おしゃべりしてた

 

 新横浜から出発したのは18:00過ぎ

 

  新幹線・・・・・・速いですね

 

 22:30過ぎには新山口に着くんです

 

 

 そのうちにまた・・・・・・

 

 一人旅が出来ると良いな!

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(10)  コメント(7) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。